ソニー銀行の歴史とは

ソニー株式会社の銀行事業であるソニー銀行の歴史

日本人なら誰もがご存知の世界に誇れる日本の大手電機社の内の一つがソニー株式会社です。 認知としては、AV機器やゲームの開発・製造で知られていることが多いでしょう。 実際にAV機器の分野では世界でも最大手としての地位を確立しています。 しかし、ソニーが取り扱う事業は多岐にわたり、ゲームや音楽分野以外にもソニーグループとしてエレクトロニクス、金融、映画、その他といった多分野の事業も盛んに行っています。 金融分野では、2001年にソニーと三井住友銀行などの共同出資によって、インターネット専業銀行であるソニー銀行が設立されました。 個人の資産運用の中核となれる銀行の運営を目指し、外貨預金、投資信託、ローン商品などに力を入れており、設立の翌年にはインターネット専業銀行では初めての住宅ローンを取り扱いを開始しています。 従来の住宅ローンとは異なり、全てインターネット上でローンの手続きができるようになっています。 2004年に設立されたソニー株式会社の子会社であるソニーフィナンシャルホールディングス株式会社で保険や銀行などの金融事業を統括することになり、ソニー銀行はソニーフィナンシャルホールディングスの傘下に入りました。 経営理念には「透明性」を掲げ、顧客に分かりやすい金融商品やサービスの提供、顧客の意志を尊重してサービスを提供する仕組みとして、すべての銀行取り引きがネット上で行えるMONEYKitが構成されました。 これにより、IT化が進む現代でより利便性の高い金融商品の提供を可能としています。

関連ページ

メガバンクとは
メガバンクの意味と経済における役割とはなにか?気になる方はまずこちらをチェックください!
無利息期間とは
メディアでも取り上げられている無利息期間とは