メガバンクとは

メガバンクの意味と経済における役割とは

銀行は私たちの生活にとってなくてはならない存在です。 とりわけ先進国の中では銀行を利用する人がほとんどでしょう。 各家庭や個人の大きな所持金は銀行へ預けられて管理されています。 また、銀行の大きな収益の占める部分には企業とのかかわりが金額を占めています。 大企業への貸付や収益の預け入れなどの取引です。 高度経済成長期にはこのやりとりが積極的に行われて、バブル期を迎えたのです。 そして、巨額のやりとりが行われる中でバブル崩壊が起こりました。 その結果、多くの企業が破たんすることになり銀行も大きな打撃を受けました。 それに対応する策として、銀行同士の合併が進められました。 互いに協力することで経営力を高めるという対策です。 やがて合併が進んでゆき、現在は三菱東京UFJと三井住友とみずほの三つのフィナンシャルグループになりました。 これがメガバンクなのです。 とはいえまだまだ景気が回復したとはいえず、個々の企業で経営の向上が図られています。 人材においてはかつては正社員で行っていた業務をグループ内に人材会社を立ち上げ、そこでパートタイム従業員を活用してコスト削減化も進められました。 また、それぞれの銀行で他行にないサービスを実施して顧客獲得にも積極的です。 昨年の12月からは三菱東京UFJ銀行では手数料の無料化が実施されるようになりました。 他にも様々のATMでも無料で引き出しが出来るなど、ゆうちょ銀行と同様なサービスが行われるようになっています。 今後も顧客獲得のために様々のサービスが工夫されるように各行で試みが行わせています。きに考えてください。 備えあれば憂い無しなので日頃から考えておいた方がいいです。

関連ページ

ソニー銀行の歴史とは
ソニー株式会社の銀行事業であるソニー銀行の歴史とは!?気になる方はまずこちらをチェックください!
無利息期間とは
メディアでも取り上げられている無利息期間とは