【お金が必要】70万円借りたい方へ

スムーズに70万円借りたい方へ

70万円借りる方法はいくつかありますが、その中でも、即日融資や低金利で評判が高いのが『カードローン』でお金を借りる方法です。

70万円借りたい!時の流れ


お金を借りる前に

はじめて70万借りる方へ

契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

70万円借りる方法

70万円キャッシングしたい方にとって、便利なお金を借りる方法はなんでしょうか。お金を借りたい時の条件はいろいろありますね。
低金利でお金を借りることでしょうか。即日融資でお金を借りることでしょうか。それとも、お金を借りるための手続きに手間をかけずにお金を借りることでしょうか。
これらすべてをクリアした、簡単でお気軽に70万円キャッシングできる方法があります!

今日中に70万円借りれる?

70万円借りたい!と思ったときに、あなたなら“どこ”からお金を借りますか?
金利の問題や、急いでお金を借りたいときには即日融資可能かどうかの問題など、 “どこ”からお金を借りるかはとても重要ですよね。
七十万円ともなれば、1〜2万円の少額キャッシングと違って少しまとまった金額ですから、できれば金利も低く抑えたいですし、今日中に70万円キャッシングしたい!なんてときには、即日キャッシングもしたいです。
そんな「低金利で今すぐに70万円キャッシングしたい!」というあなたにピッタリのキャッシングをご紹介します。

収入証明不要のお手軽キャッシング

まず、50万円を超える金額をキャッシングする際には、収入証明書類が必要なキャッシング業者が多いことを、ご存じでしょうか。 50万円以内の金額を借りる際には、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書の提出を求められますが、それ以外の提出書類は不要となる場合が多いなか、多くのキャッシング業者が、50万円以上の金額をキャッシングする場合には、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)などの収入証明書の提出を借り入れ条件としています。
給与明細書など、家のどこかに保管されていそうな書類は良いのですが、会社の人事部に発行を依頼しなければならない源泉徴収票や、役所に行って発行しなければならない確定申告書など、準備をするに手間がかかる収入証明書類の提出は、即日融資を受けた場合には特に、できれば避けたいところでが、すどうしても必要な場合には早めに準備しておきましょう

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック で70万円キャッシング

銀行からお金を借りるなら、三菱UFJ銀行のカードローン【バンクイック】がベストチョイスです!
三菱UFJ銀行のカードローン【バンクイック】は、大手銀行ならではの安心感のある銀行カードローンです。 三菱UFJ銀行ということで知名度があり、また銀行カードローンなので低金利なのもうれしい特徴です。

三菱UFJ銀行カードローン【バンクイック】3つのメリット

「銀行ならではの金利と限度額」
「無理のないご返済」毎回の返済額は少額です。
「全国の三菱UFJ銀行・提携コンビニATMで利用手数料0円」利用手数料0円で、全国各地の三菱UFJ銀行・提携コンビニATMで、いつでも気軽にご利用いただけます。

お金のギモンQ&A

かつては流行った?メールローンとは?
メールというと、今時の方はパソコンやスマホで送受信するEメールを思い浮かべるのではないでしょうか。 ですが、メールローンのメールは本来の意味のmail、つまり郵便ということです。 郵送で申し込み手続きをしてお金を借りる方法を指しています。 地域密着の信用金庫や地方銀行などで主に取り扱っている商品となります。 消費者金融などでも郵送によるカードローンの発行手続きなどがありますが、今の時代はインターネット申し込みやコールセンターによる電話申込み、自動契約機など様々な方法が登場しています。 そのため、郵送でのやり取りでスピードに欠けるメールローンは、少し影が薄くなっているかもしれません。 それでもインターネットが使えないという方や、近くに店舗や自動契約機がないという方にとって、何処にでもある郵便ポストを利用してオーダーできるローンは便利な商品といえるでしょう。 メールローンの資金使途は基本的に自由で、ショッピングや旅行、生活費の足しなど自由に活用できます。 ただし、事業資金には使えません。 また、審査基準の1つとして保証会社の保証を受けられることが条件になっています。 金融機関にもよりますが、収入証明書類等も原則不要です。 ただし、保証会社が必要だと判断した場合には収入証明書類を送付しなければならず、このやり取りが入るとさらに手続きが長引く虞があるでしょう。 また、金額が大きい場合には保証会社から保証人を求められる場合もあるかもしれません。

多目的ローンは目的に応じ使いこなすと便利
多目的ローンとは、ブライダル・旅行・歯科診療など様々な目的に応じて、その利用代金支払いのために利用できるローンです。 基本的にはその目的のための支出を示す、領収書や見積書などを提示して、その金額に見合った額が融資されます。 その中の1つブライダルローンにも、扱っている金融機関等によって少し特徴が異なります。 たとえば、銀行などのブライダルローンの場合、婚約指輪や結婚指輪の購入費用、挙式披露宴の費用、新婚旅行費用、新居に引っ越すための引っ越し費用や賃貸住宅の敷金・礼金、家具等の購入費用などを含めることができます。 もちろん、概算でいくら借りたいと希望するのではなく、審査にあたっては見積書や領収書を提出し、その合計金額が借りられる上限となります。 また、信販会社系のブライダルローンでは、提携の結婚式場のみで使用でき、借り入れた費用は直接、結婚式場に支払われる仕組みです。 つまり、あくまでも支出目的が限定され、かつ、それに支出することの証明が必要な点で、資金使途が限定されないフリーローンやカードローンとは異なるといえるでしょう。 旅行ローンやトラベルローンと呼ばれるものも同様で、銀行や旅行会社などで扱っています。 銀行の場合は国内、海外旅行に伴う諸費用や電車や航空機のチケット購入代金、、宿泊費用、パック旅行の代金などが対象で、見積書や領収書を提出して審査を受けます。 旅行会社の場合は、旅行会社に支払う代金を対象とし、その場で契約ができます。